So-net無料ブログ作成



 

にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ◆僕が取得した資格たち◆にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ

「新・取説スタイル」プロジェクト始動! [英文テクニカルライターとして]

お盆休みに入りました。
でも実は、休みのようで休みではないんです。
巨大な「夏休みの宿題」を抱えています。

僕の職業は、とある大企業の中で取説を書いているテクニカルライター。
それも、英文で直接に書き起こす「英文テクニカルライター」。
今の職場では唯一の存在です。(ヒラ社員ですが・・・。)

先日、ヒラ社員の僕に対し、取り引き先のトップから直々に「新規プロジェクト」のお話を頂きました。
この休み中に、当社取説の抱える問題点を解決する「新・取説スタイル」のコンセプト資料を作り、1ヵ月後には具体的なカタチを提示する・・・というものです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

トリセツって一体・・・② [英文テクニカルライターとして]

「取説どうあるべきか」を3人のキャラクターによる対話形式で説明しているサイトを見つけました。
一見すると「ふざけている」と感じる方もいるかもしれませんが、本質を鋭く突いています。
内容が分かりやすいように、目次部分だけコピーしてきました。

なお、これは僕が書いたものではありません。
誤解なされませんように。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

トリセツって一体・・・③ [英文テクニカルライターとして]

「取説」は現場・現地の人が使う物。
モノを目にして使う物。
「モノ・絵・言葉の三位一体」で機能する物。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

TC協会シンポジウム2007レポート [英文テクニカルライターとして]

友田氏の名前に誤記がありました。
お詫びして訂正致します。
(2008.11.26)

「TC協会シンポジウム2007レポート」です。

毎年8月末はTC協会シンポジウムの時期です。
が、今年は、ウチの上司が参加許可をくれません。
仕方ない(悔しい)ので、昨年のレポートを再アップします。

なぜテクニカルライターが「死ぬかと思った」程のムダ仕事に苦しむのかが分かると思います。

記事の最後に、参考資料として「松下取説の新旧比較サイト」を追加しました。
「取説どうあるべきか」がよく見えてくるはずです。


松下取説の革新!! ~考え方と実践。その経営効果~

1.本プログラムを選択した理由   

パンフレットにこのような紹介文があった。

「グローバル視点での表現技術(文字量半減の表現テクニック)」

「経営視点から見た,取説創造,開発」

「なぜ組織が動き,高額の開発費も確保できたのか?」

 

当社取説の最大の欠点は「文字量の多さ」。

他社の取説と見比べると,その差は歴然としている。

文字が多いがために,表記揺れや表現ズレが発生する。

修正工数・翻訳工数も莫大になる。

 

もう今まで通りのやり方では通用しない。

何をやるべきなのかは,はっきりしている。

しかし,そのための時間と金がない。

パンフレットの紹介文に惹かれ,答えを求めて本プログラムを選択した。

2.プログラム内容

◆続きを読む◆


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

Copyright (c) 2017 LMN研究所 @tada_de_English , All rights reserved.


eclipse.JPG


宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 (2) [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 (2) [DVD]宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [DVD]20111215105304_00_400.jpg

True Blue Earth.JPG